LINK
やっと売買する時という場面ではまずは事前準備を手抜きしてはいけません。取引を始める前であるとすればその物を論理的に見ることができるゆとりがあります。だがしかし、一度マーケットの中に立ち入ってしまうと、どう試みても見え方が偏ったものになりがちで、肝心な時に冷静な考え方が出来なくなる。リスクがあります。だからこそ己の考えが理性的な段階で、ちゃんとした事前準備をしておくことが重要です。その”準備”のためには自分なりの脚本を記す事から始めます。未来のこの通貨は上がる(または下がる)から米ドルを勝負するというように、あなただけの脚本を書いていきます。次に大事なのは相場を見ましょう。過去のマーケットの上下動を見極めて現時点での値段をチェックします。すると、「今現在は結構安い状況である」そうでなければ「もうたくさんの方々がエントリーしているから、この後自分がしかけてもすでに遅いな」ということが分かってきます。当然、今となっては取引するのが遅いと感じたら売買しないで、その場面では潔く諦めることが不可欠です。どう試みても自分の台本を押し通して、売買すると、マーケットに押し返されてしまい反対に損をすることになる危険性があります。もっともたいがいの場合準備が整った自分なりの台本を思い描いているとすればエントリーが手遅れという場面にはならないでしょう。おそらく、現実にマーケットが変動する前のはずだから。次に、とりあえずは自らがエントリーしようとしている通貨の推移を、正確に確かめる事が重要です。もしも、ドル高に向うと推測する台本を作成したのであれば該当する外貨の変動に注目しておくことだ。外国為替市場の動きを注視し始めた段階では、該当の外貨は誰の眼にも明らかに上下動する兆しを見せることはなく小幅な上げ下げをしているだけでしょう。しかし、その上げ下げを正確に注目しているとあるポイントで、ドル高へとマーケットが変化し始めます。この状況でドルのエントリーします。念入りに事前の準備をしておけば、その売り買いで勝利する割合はかなり高くなるはずです。