LINK
車での事故は自分だけの自損事故と自分以外に影響を与えた自動車事故がございます。自分自身だけの事故のケースでは、自身だけで事故の対応をしたら終了となりますが、他の人を含めた自動車事故はそれぞれにどのような手落ちが存在するのかを確認してそれにより乗用車の修理費や示談のお金かいくらのかなどが決まりますので、自動車の保険会社の担当の方を交えながらの話し合いが必要となります。多くの事故の際、それぞれに多少なりとも落ち度がある時が大部分でどちらかだけの落ち度を追及する場面は少ないようです。言うまでも無く信号が赤でも進んでしまったり一時停止で止まらなかったなどの交通違反によって起きた事故は多大な責任がありますが被害を受けた側にも不注意があったと指摘されます。自動車事故の状況ではどの車の手落ちで起こったかという結論が焦点になってくるので、この判断を数値で伝えるのが「過失割合」(過失割合)となります。先ほど登場した信号が赤でも進んでしまったり一時停止しなかった状況なら、法であれば相手に完全な責任があるように思えますがその場面でその自動車が正面からこちらに向かってきていて見て確かめられた状況だとすると自動車事故の被害者でも注意が足りないと判断され10%程度の責任が認定されるかもしれません。つまりこの場合は事故を起こした人が9割、事故に巻き込まれた方が1割割合と判断され間違いが大きな側に手落ちが問われたりします。さらに車での事故の過失割合は昔の判例を参考にして結論付けられることが往々にしてあり、日弁連交通事故相談センターから明らかにされている基準表のようなものが元として用いています。この過失の割合が高いほど落ち度、つまり賠償すべき金額も大きくなりますので、事故後の交渉は本人達だけでなく自動車の保険屋さんの係りの人に加わってもらって冷静に話すことが大切です。