未払金が存在しているクレジットの使用取りやめに関しても十分注意しよう〉分割払いまたはリボ払い前借りというような未払金に関する払い渡しがまだ未達成であるという状態にも関わらず契約失効手続きをしようとすると、当たり前の事なのですがクレジットカードの解約に伴って未払い残高について一度に全て返済することを催促される状況もあり得ます(払い戻しが完了していない残額を契約失効手続きしたいという意向なのであればとにかく払えなどと催促されます)。79-6-81

返済時の残高に十分な余裕が存在するときであれば問題は起こらないと思われますが、貯金がわずかなときにそのような使用不可能化という行為を実行することは向こう見ずすぎるに違いないとも思われるのであるからとりあえず払い込みが一息ついてからクレジットカードの使用不可能化を進めることにすれば無難と思います。79-7-81

機能停止においてどのくらい自分のクレジットを買い物に使って支払うべき金額がどれくらいかを照会した結果納得して使用不可能化してほしい。79-9-81

機能停止手数料という代物が払わせられるクレカもあるので注意しよう⇒2010年現在、とても特異な状況ではありますが、限られたクレカで使用不可能化上の必要経費という退会費用が発生する条件がある(限られたハウスカード等)。79-8-81

とても限られた条件と言える故に気にしなくても構わないのですが、クレカを利用し始めてからある期日より前で解約せざるを得ない場合に無効化のための支払いが入り用になる決まりが出来上がっているからこのような機能停止手数料を払い出したくないと考えているならば指定された月数が経つのを辛抱してきちんと期日が過ぎてから契約失効手続きするようにすれば手数料はかかりません。79-4-81

また不安に思わないでほしいのは、このような状況は解約を希望した時点でオペレーターから直接通知あるいは注意のようなものが間違いなく言われるはず。79-3-81

先立った告知もないまま突発的に使用取りやめのための代金などというものが引き落とされることは考えられないはずですからまずは使用不可能化をオペレーターに申し出てみて手持ちのクレカについて使用取りやめ手数料が必要か調べて頂きたいと考えております。79-16-81

79-2-8179-14-81ネイチャーシードのマカ+クラチャイダム