事故は自分だけで起こした事故と他人が関与した自動車の事故があります。76-19-81

自分自身だけの事故の場面では自分で事故の処理をしたら終了となりますが、他の人が関与した車での事故はどちら側にどの割合で不注意が存在したのかをチェックしてこれにより愛車の修理のお金や和解金の額などが決まりますので、車の保険屋さんの有識者を交えての交渉が不可欠です。76-2-81

大概の車での事故で、自分だけでなく相手にも手落ちがある場合が一般的で一方だけの責任を追及する状態はほとんどないようです。76-7-81

当然の事ですが信号無視や一時停止しなかったなど違反による事故なら大きな落ち度になりますが被害を受けた人であっても不注意があったと指摘されます。76-3-81

自動車での事故の場面ではどの車の責任が原因で起こったかというのが物凄く焦点になってくるので、その結果を当事者に分かりやすく表した材料が《過失割合》になります。76-16-81

例えば、赤信号で進んでしまった、一旦停止無視場合であるならば、法の規則上事故を起こした側に完全な手落ちがあるように考えますが事故の原因になった自動車が対面から来ていて目で見てチェックできた状態だとすると自動車事故の被害者でも注意不足として10%ほどの落ち度があると言われる可能性もあります。76-6-81

言うならばこの条件では相手9割、事故に巻き込まれた人が1割過失と判断され間違いが大きな方に落ち度が問われる状況になります。76-10-81

さらに車の事故の割合過去の事故の判例を目安として判断されることが状況が大半で日弁連交通事故相談センターから示されている基準表等が目安として用いています。76-12-81

この過失割合の、割合が高ければ高いほど落ち度結果として賠償金も大きくなるので事故に関する話し合いは本人達だけでなく自動車保険の担当の方を交え冷静に協議することが不可欠です。76-5-81

76-20-81